高年齢者雇用アドバイザーとして活動始めました

 平成26年4月より、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構より高年齢者雇用アドバイザーを委嘱され活動しています。

日本は急激な少子高齢化の中で、アベノミクスの3本目の矢の成長戦略の中でも「全員参加型社会」がうたわれ、その実現が日本の将来にとって必要不可欠なものとなっています。

高年齢者雇用を、企業の技能の伝承や後継の育成はもとより、必要な労働力としてどのように活用すればいいのか、法改正に対応した諸規定等の整備はもちろんのこと、企業の視点に立って検討のご支援をいたします。

 

1.高年齢者雇用アドバイザーとは 

 定年年齢を65歳未満に定めている事業主は、「定年の引上げ」「継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を実施する必要があります。

平成25年4月から高年齢者雇用安定法が改正され、高年齢者雇用確保措置の一つである「継続雇用制度」については、希望者全員を対象とすることが必要となりました。

雇用確保措置の導入や定着を図るとともに、高齢者が能力を発揮して働くことができる環境を実現するためには、賃金・退職金制度を含む人事管理制度の見直し、職業能力の開発及び向上、職域開発・職場改善等さまざまな条件整備に取り組む必要があります。

企業における条件整備の取組を支援するため、高齢者雇用問題に精通した専門的・実務的能力を有する「高年齢者雇用アドバイザー」として、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から認定されたものです。

2.活動について

 高年齢者雇用確保措置の導入や拡大、雇用管理の改善等に取り組む企業からの要請等に基づき企業を訪問し、条件整備に伴う問題解決のための手順・方法等具体的課題についての相談に応じ、専門的かつ技術的な助言を行います。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Latricia Ayers (金曜日, 03 2月 2017 02:19)


    It's actually a nice and useful piece of info. I'm satisfied that you just shared this helpful information with us. Please keep us informed like this. Thanks for sharing.

  • #2

    Kelle Kellems (金曜日, 03 2月 2017 14:24)


    It's very simple to find out any matter on web as compared to books, as I found this post at this website.

  • #3

    Madison Blanton (金曜日, 03 2月 2017 21:08)


    It's a pity you don't have a donate button! I'd most certainly donate to this excellent blog! I suppose for now i'll settle for bookmarking and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to new updates and will talk about this site with my Facebook group. Talk soon!